自分の顔情報が悪用された場合どうなりますか?

弊社では多層型のアプローチを採用しているので、ログインに複数の認証要素を選択できます。たとえば、顔の数値データ、使用済みのデバイス、マスター パスワードを組み合わせて使用できます。

これにより、顔情報が盗まれたり、悪用された場合でも、重要な情報に対する不正アクセスを阻止できます。

また、不明なデバイスまたは信用されていないデバイスから顔認証によるログインが実行されると、True Key アプリは 2 番目の認証要素を要求します。 マスター パスワードが要求される場合もあれば、確認メール、2 台目のデバイスの場合もあります。

フォローする
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

お探しのものは見つかりましたか?

サポートにご連絡ください。